« 月刊『BOSS』 | トップページ | 「シジミのしょう油漬け」と『容疑者Xの献身』 »

2006年2月10日 (金)

西麻布「叙々苑」「十々」

本日、午前4時帰宅。

昨夜、編集スタジオにて西麻布『叙々苑』の焼肉弁当をいただく。出前で持ってきてくれるお弁当の中で、一二を争う有名実力派弁当が、このお弁当である。広告業界の住人は、ほとんどの人がこのお弁当を知っているはずだ。もし一瞬思い浮かばない人も、あの「シャカシャカ振って食べるサラダ」がついてる焼き肉弁当、と言えば、「あーあー」と思い出すはずだ。本来スタジオは密閉された空間だから、本来はキムチつきの焼肉弁当など、敬遠すべきものだが、そういったことすら、忘れさせる力のある弁当でなのだ。『叙々苑』の焼き肉弁当、みんなで食べれば臭くない。いや、実際は相当臭い。しかし、うまい。『叙々苑』に隣接する、焼肉『十々』もすごくうまいので、続けて書こうと思ったが、すごく眠いのでまた明日。あさってから、台湾に出張です。

|

« 月刊『BOSS』 | トップページ | 「シジミのしょう油漬け」と『容疑者Xの献身』 »

コメント

叙々苑の焼肉弁当は相当うまいスが、うちの会社では、その値段ゆえに禁止令が出ています。うらやましいです。ちなみに「大盛り」頼んでも同じ容器で届きます。では、どこが「大盛り」なのか?それはふたを開けてびっくり。お試しを。

投稿: 猿の頭 | 2006年2月14日 (火) 午前 03時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西麻布「叙々苑」「十々」:

« 月刊『BOSS』 | トップページ | 「シジミのしょう油漬け」と『容疑者Xの献身』 »