« 『サザエさんと株価の関係』 | トップページ | 『プロ論』 »

2006年2月25日 (土)

久々に「コムダビチュード」

とある制作プロダクションから、うちの会社に出向していたプランナーの送別会があって、何年ぶりかに「コムダビチュード」へ行った。5年ぶりぐらいだろうか?前に行ったときは、中目黒の「新進気鋭のフレンチ」ということで、いろいろな雑誌で取り上げられていたが、最近はマスコミへの露出があまりないように思う。東京は新しい店が、次から次へと出てきているから、「コムダビチュード」ほどの有名店ですら苦戦してるのかも、と思ったが、予想に反して店は大盛況であった。料理を食べて納得した。「ブーダン」と「金目鯛」と「子羊」をたべたのであるが、大胆さと繊細さが、非常にいい感じで融合しているような気がした。以前行った時は、シェフの男らしさ、大胆さが際立ちすぎて、しかも前菜2皿、主菜2皿食べたものだから、満腹で苦しくなった記憶がある。自分はどちらかというと、フレンチでもイタリアンでも繊細な料理が好きなので、以前の記憶で言うと、「コムダビチュードはちょっと違うかな」という印象が残っていたが、5年ぶりの再訪で印象が変わった。特に「ブーダン」「子羊」素晴らしかったです。サービスも安定しているし、「また行きたい店」のひとつになりました。

|

« 『サザエさんと株価の関係』 | トップページ | 『プロ論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に「コムダビチュード」:

« 『サザエさんと株価の関係』 | トップページ | 『プロ論』 »