« お疲れ様でした。 | トップページ | 『真田幸村と大阪の陣』 »

2006年4月30日 (日)

海外の「テレビ番組事情」

さっき「スマステ」で、海外のテレビ番組についての特集。

最近のテレビ番組の流行は、素人や有名人による「リアリティ番組」らしい。ヒルトン姉妹がファッションモデルをオーディションしたり、シルベスタースタローンが「若いROCKY」を捜したりとか、オーディション系が人気らしい。他にも、大勢の参加者の中から、いろいろな試練(寝ない、みたいな)を乗り越えて、誰が生き残るかを、何週も追っかける番組とか。「ワイフ・スワッピング」という、実際の夫婦が入れ替わる番組や、有名人が本気で、プロのダンサーとダンスを踊れるようになる(全く同じ番組が日本にもあるが!)番組もあった。もともとは、一時期テレビが不人気になった時、番組制作費が低下したのが原因で、こういった制作費の安い「リアリティ番組」が増えた、とデーブスペクターが言っていた。こういった「リアリティ番組」は、何が起きるか分からないのが最大のウリで、いろいろな刺激に飽きてしまった視聴者が、普通のシナリオにはない展開(刺激)を期待して見るようだ。刺激的という意味では、宗教や人種差別、性に言及した、かなりヤバイ、ギリギリの「リアリティ番組」も紹介されていた。それと、いわゆる参加性。自分と同じような立場の人が出ることで、「自分も出られるかも」という一体感を感じさせたり、投票などによる物理的な参加性も兼ね備えている。(中国では、オーデション番組に3億人がケータイから投票した、というのもスゴイ!)。広告でも似たようなことが、言えるかもしれない。「予測不可能なリアリティ広告」とか、「見る側が参加する広告」とかね。プランニングの時に出たりする話だけど、実際に成功した例は、まだ多くないかもね。

|

« お疲れ様でした。 | トップページ | 『真田幸村と大阪の陣』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外の「テレビ番組事情」:

» あなたの欲しい商品がきっと見つかる [ストアミックス]
ストアミックスは楽しい商品を取り扱っているお店を集めたショッピングモールです。 しそ酢。チアシード。3本足のブタ・チャンチトス。パワーボード。TVで話題の商品あります。 [続きを読む]

受信: 2006年4月30日 (日) 午前 06時30分

» オーディション参加意義 [オーディション越後屋@情報商店街]
オーディションに参加する意義は十分にあります。オーディション参加は客観的に分析できるたいへん良い経験を積める機会でもあるからです。もちろん合格できればそれにこしたことはありません。が、 [続きを読む]

受信: 2006年6月 4日 (日) 午後 01時44分

« お疲れ様でした。 | トップページ | 『真田幸村と大阪の陣』 »