« 06カンヌ広告祭① | トップページ | 06カンヌ広告祭③ »

2006年6月29日 (木)

06カンヌ広告祭②

今年のカンヌ広告祭は、全体的に参加者が少なかった。うちの会社から行った人数も少なくて、昨年に比べて半減したようだ。それは、高い高いと言われていたカンヌの参加料が、今年さらに高騰して、ID登録するのに30数万円、という非現実的な値段になったのが大きい。土曜日の授賞式の時、大ホールへ入るために(人数制限があるので、早く並んで席を取らないと、別のホールに案内され、受賞式をモニターで眺める羽目になる)、集団で席とりをしたのだが、どうやら並んで待っていた全部の人が入場しても、大ホールは満席にならなかった(しばらくしてから、満席になったが)。そして今年は、クリエイティブの参加者が非常に少なかった、ということも特徴としてあげられる。自分がオヤジになって、若い制作者たちの顔がわからなくなった(*´д`)、ということもあるが、フェスティバルホールでも、いろんなパーティでも「マーケの人たち」のほうが目立っていた気がする。これはカンヌが、「制作セクション」だけのものじゃなくて、広告に関係するすべての人たちのものになってきた、からだと思う。「制作セクション」だけが、クリエイティブではないのだ。それ以外の人たちもクリエイティブな思考で業務にあたることで、ゆくゆくはカンヌでの受賞につながる感覚。これは、とてもいいことだなぁ、と思った。メディアの審査をした松井CDに聞いたのだが、メディアの審査基準は「いかに面白いメディア開発をしたか」も大事だが、それ以上に、「いかに効率的に、ターゲットインサイトをつかんだメディアプラニングをしたか」を重視していた、という。これは審査委員長の考え方にもよるので、一概には言い切れないが、カンヌという賞が、「我々の日常業務と地続きにある感じ」になってきて、僕にはそれが嬉しく思えた。

そしてそして!チタニウムのグランプリは、日本の小さなクリエイティブエージェンシー、デザインバーコード社の「デザインバーコード」!!なんとチタニウムのグランプリですよ!!ホント凄いですね。しかも、会場大拍手!みんな口々に言っていたが、このアイディアの紹介ビデオの出来が、抜群によかった。わぁ、いいアイディアだなぁって印象を与えた(チタニウムはビデオの出来次第!!)。受賞なんて夢にも思わなかったのだろう。授賞式には誰も参加していなくて(4人の会社だし)、ビデオレターで受賞の挨拶をした。コレがまたイカしていて、4人みんなでユベントスの縦じまユニフォーム(バーコードっぽい!!)を着て登場した。これには会場から再び大きな拍手がおき、一瞬「日本やるじゃん!!」ムードに包まれたたのでした。

フィルムの模様はまた後日。

|

« 06カンヌ広告祭① | トップページ | 06カンヌ広告祭③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 06カンヌ広告祭②:

» カンヌ国際広告祭でデザインバーコードがチタニウム・ライオン グランプリ受賞。 [Just do it - 広告 Advertising インタラクティブ]
男前豆腐店やカルビーでおなじみのデザインバーコードが、カンヌ国際広告祭でグランプリ受賞。 どんなに楽しいパッケージにしてもくっついてきていた 味気ないバーコードのエリアを、デザイナーの仕事の領域にしてしまった。 新領域への大きな一歩! DESIGN BARCODE winnes Titanium Lions Grand Prix in cannes 2006. 当ブログで以前に掲載した「デザインバーコード with 男前豆腐店」はこちら。 「バーコード」吉田 稔さん ... [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 午後 02時50分

» インサイトCDとフォーカスCD!毎日の必須アイテム! [ヒーリング 癒しの世界へ]
トラックバック失礼します。先日ご紹介しました、インサイトCD フォーカスCD!実は私も密かに愛用しています。まずインサイトCDの方はと言いますと…。これを聴くと、短時間で深いリラックス状態に入ることができます。私も毎回経験していますが、かなり深いですよ。瞑想などで到達できるレベルの状態にまで行き着けます。瞑想に興味があっても、大抵の人は「雑念が邪魔してなかなか集中できない!�... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 (水) 午後 03時42分

« 06カンヌ広告祭① | トップページ | 06カンヌ広告祭③ »