« 「誰も信じてくれない…」 | トップページ | 『御社の営業がダメな理由』 »

2006年8月19日 (土)

「この企画、面白い?」

近頃の企画会議。「この企画、面白い?」的な発言が増えたように思う。「増えた」というか、昔の企画会議に戻った感じ。昔の広告代理店のクリエイティブの会話は、「面白いかどうか」がすべてで、マーケのスタッフに「ブランド規定とちがうんですけれど…」などと言われても、「だって、面白くないじゃん!」みたいな、全くかみ合わない反論をして、マーケスタッフに閉口されたりしたものだ。さらに「○○チャン、これ面白いねぇ」の「チャン呼ばわり」が、クリエイティブの軽薄ムードを加速させた。その後さすがに「ちゃんクリエイティブ」は姿を消したが(まだいるか?)、その後、この10年ぐらいの間、多くの会議室で交わされたのが、「コンテ、こういう感じですかね?」「こういう感じなんじゃないの」みたいな会話。マーケも、「こういう感じだと思います」と言えば、営業も「じゃぁ、こういう感じで!」みたいに「こういう感じ」の連鎖を生み、それだけならまだしも、プレゼン直後、得意先すら「こういう感じだと思います。違和感ありません」みたいなことになって、スタッフ一同「よかったね」って。乱発される「こういう感じ」の本質はなんでしょう?それは、自分たちの考えた案が、「ブランド規定に合っているかどうか」が、僕たちの業務の重要ポイントになっていた、ということなんですね。僕たちはここ10年間ぐらい、やたらと「規定するブランディング」をしまくっていた。しかも、「ブランド規定」をそのままクリエイティブしちゃうものだから、はっきり言って面白くもなんともない広告が量産されちゃったのだ。初めて会った人が、「私はこんな人間です」と自己紹介しても、そんなに不思議なことではないけれど、同じ人が「こないだは、こう自己紹介しましたが、こないだとはここがこう違ってます」「こないだは、ああ言いましたが、あの人とはこう違うんです」って、会う度ごとに微妙に違った自己紹介され続けるのもねぇ。で、今は広告の役割が「体験させるブランディング」にシフトしつつある。ある程度の自己紹介が終わったら、レストランでも遊園地でも連れて行って、自分がいかに好ましい人かを感じてもらうわけだ。でもって、今はその連れて行く場所が、昔と比べてたくさんあって、どんなコースで楽しませて、より深く好きになってもらうか?が勝負の分かれ目、になっている。まさに、Engagement(婚約)にたどり着くために、あの手この手を駆使するってこと。長文になりそうな予感がするが、仕事に行かなくちゃいけないので、続きはまた今度。

|

« 「誰も信じてくれない…」 | トップページ | 『御社の営業がダメな理由』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「この企画、面白い?」:

« 「誰も信じてくれない…」 | トップページ | 『御社の営業がダメな理由』 »