« ガクのこと | トップページ | 中村俊輔の進化 »

2006年10月20日 (金)

『名もなき毒』『勝手に広告』

『名もなき毒』宮部みゆき 幻冬舎

宮部みゆきさんの本を初めて読みました。なんか、もっと難しい内容なのかなぁ、(なんでそう感じていたんだろ?装丁の感じとか?)と、勝手に想像して敬遠していたのですが、読んだらそんなでもなかった。世の中に浸潤している、いろいろな「毒」をテーマに、サスペンス?調に仕上げた内容です。無差別殺人に使われた「毒」、普通のOLさんの奥に潜む「毒」、建築資材や土壌汚染などの社会「毒」が、ストーリーの中に複雑に入り込んでいる。さすが売れっ子作家の注目本だけあって、一気に読ませられました。でも、テーマがテーマだけに、読み終わってちょびっと気持ち悪くなりました(毒)。

『勝手に広告』中村至男+佐藤雅彦 マガジンハウス

『勝手に広告』の名前のとおり、オリエンなしに広告を作っちゃった、ということなんですが、この本全体が「作品」として存在している場合、「広告」って何?と言うややこしい話にもなってくる。商品らしきものがバーンとあれば、それはそれで「広告」的なものだけれど、それだけじゃないなぁ。根っからの広告屋さんである、中村至男さんと佐藤雅彦さんたちに染み付いた「商品に対するポジティブな感覚」こそ、「広告的」なものなのだなぁ、と感じた。まさに、「毒がない」。「毒がない」って、素敵なことだと思った。

海外からのトラックバック通知(ゴミメールみたいな、こちらは毒!)が、あまりにもひどいので、しばらくの間トラックバックを受付けません。みなさまには、ご迷惑をおかけします。

|

« ガクのこと | トップページ | 中村俊輔の進化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガクのこと | トップページ | 中村俊輔の進化 »