« フューチャー・マーケティング・アワード2007 | トップページ | 『マーケティング2.0』 »

2006年11月 3日 (金)

ジェフユナイテッド千葉「ナビスコカップ」優勝

おめでとうございます!ナビスコカップは、2-0でジェフユナイテッド千葉が、昨年に続き優勝しました。完勝でしたね。オシム代表監督が作った「走るチーム」が結果を出した、ということですね。今日の試合を見ていて、確かにジェフはよく走るけれど、じゃあアントラーズが走っていないか、というとそうでもない(アントラーズも若手が多かったせいか、よく走っていたし)。ジェフはなんていうか、「うれしそうに走ってる」感じがするんだよなぁ。中継でアナウンサーが言ってたけど、ジェフはユース出身の選手がすごく多い。でも「ハングリー精神」だけで、ガツガツ走ってる感じともちょっと違っていて、なんていうのかなぁ、当たり前のように「うれしそうに走ってる」感じなんだなぁ。例えば、サイドにボールが入って、センタリングが上がる局面。その時、最後方からDFの中島や、ボランチの阿部や佐藤なんかが、一斉に長い距離を走ってくる。自分がボールに触れられなくても、一瞬「くそー」みたいな表情をして、でもまた自分のポジションに戻っていく。なんなんでしょう、この感じ。ユース時代から、サッカーの根本的な部分「走る」ってことを、当たり前のこととして、教わったせいでしょうか、(自己犠牲とかじゃなく)。何十回に一回、何百回に一回。自分が払った努力(走ること)に、センタリングがピタリあうことが、いかに楽しく貴重なことなのかを、若いうちから教わっているんだろうなぁ。

ジェフは、ユース出身の選手が多い。「育成のうまいチーム」という見方もあるけれど、実際は、年間予算が少ないために、有名選手を獲ることができないのだそうだ。つまり、自前で選手を育成しないと、チームとして成立しないということ。そういえば、毎年毎年、ジェフで活躍した選手が他チームへ移籍していくので、僕は不思議に思っていたのだが、それは活躍して有名になった選手を他チームに高く売ることで、チーム運営をしているからだ、と聞く。(ブラジルとか、アルゼンチンのチームも、自前で育てた選手をヨーロッパのチームへ高い金で売って、チーム運営している)。今年もジェフは、ユース出身の原価の安い選手が、どこかに売られていくのだろう。まぁ、ジェフの試合に多くのお客さんが入って、スポンサーもたくさんつけば、チーム運営を移籍金に頼ることはなくなるわけだが、本拠地のフクアリはそう大きなスタジアムじゃないし、最近のJリーグの人気を考えると、そう簡単にチーム状況は変わらないだろう。けっこう厳しい環境だ。でも別の視点で考えると、毎年有名になった選手が抜けていくということは、頑張れば空いたポジションを自分が奪える、ということ。チャンスが次々にやってくる、ととらえることもできる。「自分には可能性がある」という意識を、若手を含め全員が持っているわけだから、チームは硬直化しないし、自然な競争意識もつくれる。「楽しそうに走る」感覚は、そういう意識が生み出している可能性もありますね。

ps:毎日地道にスパムトラックバックの「アクセス禁止」作業をしていたところ、スパムトラックバックの数が激減したので、トラックバックを再開いたします。コメントに関しましては、まだ相当数のスパムが来ますので、コメントしていただいても時間差で公開(こちらで、コメント内容をチェック)することになります。ご迷惑をおかけします。

|

« フューチャー・マーケティング・アワード2007 | トップページ | 『マーケティング2.0』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フューチャー・マーケティング・アワード2007 | トップページ | 『マーケティング2.0』 »