« 明日、朝から研修です | トップページ | あけましておめでとうございます »

2006年12月11日 (月)

『アイディア会議』

『アイディア会議』加藤昌治 大和書房

著者プロフィールに、「大手広告会社勤務」と。『考具』を書いた人。なんでだろう?D社のヒトだと思い込んで、読み進んだ。「そーかそーか、D社はこんな感じで企画会議してるわけね。ウチとあんまし変わんないなー」って。でもナンカおかしいな、と思って調べてみたら、弊社社員でございました。しかも、知ってるよ、加藤さん。よかったー、ちゃんと調べて。あやうく悪口書くとこだった…なんて嘘ですよ。非常にためになりました。考えてみれば、僕は会社入って20数年間、ひたすら毎日「アイディア会議」をし続けてきたわけですが、あまりにも日常すぎて、「アイディア会議」っていう意識すらしたことない。意識したことすらないから、「会議の効率」を考えたこともない。ひたすら、ダラダラやってしまう。いけないね。この本読んで、反省しました。時間通りに集まって、きっちり時間内に終わるぞ。さらに、本書にあるように、「広げる」フェーズと「まとめる」フェーズを意識してやることで、参加する人たちのアイディアを最大化できる、と。うむむ、ごめんよ、いままで僕はきっと、「広げる」フェーズで落としたり、「まとめる」フェーズで広げたり、どれだけ可能性のある企画を葬ってきたことか。ココロ入れ替えてやります。あ、我がチームのみなさん。例の火曜日3時出しの企画、広げるフェーズですからね。1人100案ぐらい出してね。広げて、広げて。

本の中で、すごくためになった箇所。「アイディア会議」では、話し合ってはいけない!?ってところ。ちょっと長いですが引用しますね。「心理学的にどう説明できるかは分からないのですが、私たちは、発言自体と、その発言した人を分けて考えることが、苦手です。(中略)自分自身が否定されたように感じてしまうのです。(中略)いつに間にか発言者の評価にすり替わってしまうんですね。(中略)発言と発言者を混同してしまう=真摯に向き合ってしまうと、アイディア会議はうまくいかない、という不思議な現象が起きるのです。」だから、発言を紙にまとめて、発言者と物理的に切り離したほうが、会議はうまくいく、とか、面と向かって座らないで、全員が同一方向を向いて会議するなど、具体的な解決方法を示してくれています。誰が出そうが、いいアイディアはいいアイディアなんですもんね。あ、営業も火曜日3時まで1人100案ね。広げて、広げて。

|

« 明日、朝から研修です | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アイディア会議』:

» この判断により [天気]
連イラク支援団 司法関係者によると 定数 を終 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 午後 10時22分

« 明日、朝から研修です | トップページ | あけましておめでとうございます »