« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

『島国根性 大陸根性 半島根性』

『島国根性 大陸根性 半島根性』金文学 青春出版社

昨年、出張で始めて中国(北京)に行った時、ぶらりと天安門に行ってみた。僕はイメージ的には、休日に皇居を訪れる気分(人もまばらで、のんびりムード)で向かったのだが、土曜日の昼ごろだったけれど、そこには、想像とはまったく違う光景が展開されていた。むちゃくちゃ人が多いのである。僕は40数年間生きてきて、人の数で恐怖を感じたことはなかったが、この時ばかりは、「ヤバイな」と思った。しかもこの日の天安門は、デモがおきているわけでもなんでもなく、ただの昼下がりの観光地なのに、である。観光客が多すぎて、恐怖を感じるなんて笑い話のようだが、その時僕は笑えなかった。とっさに、どこでタクシーが拾えるか?ホテルへ向かう地下鉄はどこ?と、身の安全を第一に考えた。その瞬間にふと、なぜ中国が共産主義に走ったかが、分かったように思えた。

『島国根性 大陸根性 半島根性』を読んでいたら、天安門のことが思い出された。しかも、(第1章61ページ「何故中国は、共産主義でまとまったのか」)、を読むと、僕が感じた「人がいっぱい→共産主義」は、わりと正しかったようだ。「内部では、多民族、多人種の統合が必要とされる。それをまとめるには、つねに理念、イデオロギーが必要不可欠であった。そのため、中国では古来から儒教や道教がまとめるための理念の役割をしてきた…だから、中国は、共産主義…マルクス・レーニン主義、毛沢東思想というイデオロギーでまとまった」何か途方もなく大きなルールがないと、国として崩壊してしまうということなんですね。

この本は、日本、中国、韓国の東北アジアの3ヶ国が、同じ漢字をベースにした文化を持ちながら、何故仲良くできないのか?を、中国で生まれた韓国系3世で、後に日本の大学で教鞭をとる著者が、それぞれの国民性や文化、歴史の違いを、事例を挙げて(楽しく?)解説してくれています。各単元が短く書かれていて、読みやすい。「3ヶ国のケンカが今、面白いわけ」「理解を妨げる二つの錯覚」「中国人が日本人を意外と知らない理由」「清流性格と濁流性格」「中韓が日本の神を理解できない理由」「十と中の文字に隠された思想」「ジョークに中の日本人、中国人、韓国人」「何故日本人はせっかちで、中国人はルーズなのか」「もうひとつの中国を形成する裏の社会」…門外漢の僕でも興味を持てる内容になっています。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

『鈍感力』

『鈍感力』渡辺淳一 集英社

大ベストセラーですね。朝日新聞のブックランキングでも、ずーっと1位をキープしていますね。僕は3月にロケでハワイに行った時、成田空港で買いました。ハワイでの撮影の待ち時間、ほんの30分ほどで読んじゃいました。そのぐらい読みやすい本です。主張しているポイントは、たったひとつ。敏感であると生きにくい時代に、身につけるべきは「鈍感力」だ、と。いろいろなケースを紹介しながら、分かりやすく語っています。でも僕は、いまいち説得力を感じませんでした。僕がもともと「鈍感」で、むしろもうすこし「敏感力」を持ったほうがいいタイプだったからかもしれません。もしくは、「世界を代表する鈍感な島、ハワイ」で、読んだせいかも。だけど、いつも思うのですが、渡辺淳一さんの「ベストセラー力」には、ホント恐れ入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月27日 (金)

NIPPON DANDY?ダンディハウス

担当したダンディハウスのキャンペーンが、始まりました。サザンの桑田さんが、イケてない中年男を熱演してくれています。CMは3本あって、オンエアしている「キス」篇のほかに、「ビリヤード」篇、「鏡」篇、それぞれが、相当面白くできています。僕をはじめ、担当したスタッフみんなが桑田さんのファンで(彼のことは、日本人全員が好きかもね)、撮影現場はスターに会うファン心理(?)で、全体的に舞い上がったムードでした。桑田さん自身も、監督と演技について熱っぽく話し合ったりして、仕上がりに関しても、相当気に入ってくれています。「キス」篇はダンディハウスのHPで観られますので、ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月22日 (日)

女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?その2

女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?

その理由は、昔から男は、漢字による漢詩など、「韻」をふむ文章を書き、女性は「ひらがな」を中心とした、「韻」をふまない文章を書いてきたからだ、と誰かが言った。「おーっ!」「なるほどー!」「そうかもー!」という賞賛の声が上がり、一瞬、その「韻」理論歓迎ムード一色になったその瞬間、誰かが「何時代だよ」と水を差した。「そんな昔の話が、今と関係しているわけないじゃん」「そうだよ、何時代の話だよ」「今は平成だよ」「平静に考えようよ」と、誰かが小声でダジャレを言った。

「違うんだよねー」我チーム唯一の理論派が口を開いた。「いわゆる、恥の意識なんですね」一同「恥?」「昔から日本人女性は非常に厳しくしつけられ、女の子なんだから恥ずかしいことをしちゃダメ、みたいなことを言われ続けた結果、日本人女性は、非常に恥に対して敏感になったんです。」一同「ほっほー」「だから、ダジャレのような、自分を捨てて人を笑わせる行為が、恥ずかしい行為が、嫌いなんです」一同「なるほどー!」「つまり、男も中年になると、いきなりダジャレを言い出すのは、恥の意識が捨て去られて、もうなんでもよくなっちゃうんですねっ!」一同「なっちゃうなっちゃう!!」「オヤジは捨ててるよなー!」

「ダジャレ=恥」理論で決まり!ムードの中で、一人の女性が口を開いた。「あのー、確かにダジャレを言う側からとらえると、ダジャレ=恥理論は、一理あるとおもうのですが…」一同「…何なの?」「私も昔からダジャレが嫌いなんですが、何が嫌いかを考えると、言うことよりも言われることが嫌いで……ダジャレって、会話が一瞬、ピタリ。。。。と止まる、あの感じが嫌なんですっ!!」

つづくっ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『20代会社員の疑問 いま、働くこと』

『20代会社員の疑問 いま、働くこと』山本直人 PHP

いろいろお世話になっている山本直人さんが、昨年出された著書です。入社して間もない20代社員が、仕事とは何か?会社とは何か?自分とは何か?について考える、いいきっかけを与えてくれる本です。人材開発のキャリアをいかして、20代若手社員たちからの疑問に答える形で、書き進められています。仕事や会社で、何か悩みがある若手社員には、是非お勧めしたい。人材の流動化はどの業界でも進んでいて、広告業界でも特にIT関係やメディア、クリエイティブを中心に、人の移動が絶え間なくおこなわれています。この流れを止めることは、もう誰にもできない。留まるか、出るか。そういった事で悩んでいる若手ではない方たちにも、読んで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』

『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』浅枝大志著 アスキー新書

最近なにかと話題の、「セカンドライフ」を紹介した本です。あちらこちらで、「セカンドライフ研究」なども盛んにおこなわれており、日本で今後どんな展開をみせていくのか、熱く議論されていますね。「知らない」という方のために、簡単に「セカンドライフ」の紹介をしますと、セカンドライフはリンデンラボ社が提供している、ユーザー参加によるネット上の3D仮想空間のことで、バーチャルに土地を買ったり、会社つくったり、商売をはじめちゃったりできる。アバターと呼ばれる自分のキャラクターを動かし、自分がしたいことをなんでもできる「自己実現スペース」なんですね。SNS的なコミュニケーションも当然できて、べつに商売しなくたって、空間をウロウロするだけでもいい。なんかの目的のために(モンスターを倒すとか)キャラクターを動かすゲームではなくって、ある意味、現実とつながっている世界である、と。商売で儲かったお金(リンデンドル)が、リアルなお金(アメリカドル)と交換できたり(3月13日現在、1アメリカドル=186リンデンドルのレート)、実際の企業がセカンドライフ内でいろいろなプロモーションをしたりとか、「無限の可能性を秘めてネット上に広がる、新・経済圏である」と。著者は、セカンドライフをはじめとする、バーチャルワールドのサービス企画開発企業を立ち上げた人で、1983年生まれっていうと……24歳ですかね…わ、若い(笑)!「セカンドライフを知った瞬間、私には次代のインターネットの世界がありありと見え」「存在を知ってから、わずか3ヶ月のスピード起業ですが2006年11月に株式会社メルティングドッツを立ち上げることになりました」とな。

アフィリエイトはじめてみました。「こづかいかせぎ」というよりも、どういった感覚なのかを知りたくて。誰か、僕のブログからアマゾン行って、一冊買ってみてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年4月15日 (日)

女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?その1

「女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?」最近うちのチームで、打ち合わせのたびに出る話題である。そもそも、何故そんな話をしているかというと、先日、僕は20歳前後のモデルたちを連れて、海外ロケに行ってきた。もちろん、20歳前後のモデルたちと共通の話題などなく、キャピキャピ(?)盛り上がる彼女たちを横目で見ながら、オヤジCD(僕)、オヤジ営業、オヤジプロデューサーのオヤジ3人衆が、なんとか存在感を示そうと繰り出したのが「ダジャレ」であった。会社等での立場もあるので詳しくは書かないが、彼女たちとコミュニケーションするのに、ダジャレ以外の方法が考えつかなかった自分が悲しい。オヤジ3人衆は、海外だし、失うものは無い、という条件下で、ダジャレを連発した。「おもしろーい」などと言ってもらい、調子に乗ったオヤジたちは、「じゃぁ、こうゆうのは?」「おもしろーい!」「むふふ…」オヤジ3人衆は、20歳の娘たちとコミュニケーションが取れた充実感に、その夜「佐藤の黒」で乾杯したのだった。

帰国して、女性スタッフにその話を嬉々としてしたところ、「そんなの、全然コミュニケーションとれてませんよ」と、吐き捨てるように言われた。「だって女は、ダジャレが嫌いですもん」「えっ、そうなの?だって、君もダジャレで笑うことあるでしょ?面白いダジャレってあるでしょ?」「あるけど、それは不意をつかれたり、あきれて笑うことのほうが多いです。基本的にダジャレは嫌いですね」えーっ?!はやく言ってよー!女性はダジャレそのものが嫌いだったの?!「そういえば、女性でダジャレを言う人って少なくないすか。」若い男のプランナーが、今っぽいイントネーションでそう言った。確かにダジャレを言う女性を、僕も知らない。「そういえば、そうだね」ということで、一同騒然となったのだ(ちょっと大げさだけど)。男は言い、女は言わないダジャレ。男性でも「絶対言わない」って人もいるから、けっこう個人差があるのだけれど、女性の場合は、ほぼ誰もダジャレを言わない。しかも聞くのも嫌いであることは、かなりの確率で言えそうだ。

そもそもオヤジ達も、ダジャレが女性に全面的に支持されているなどとは、思っていない。ダジャレがカッコいいものだなんて全く思っていないし、「ダジャレ=オヤジ=ダサい」という強固なイメージ連鎖のなかで繰り出す以上、相当の覚悟と、「分かってて言う」ことの意味を、計算しながら使っている(本当か!?)。ダジャレオヤジたちは、ダジャレがウケなかった時、「○○さんって、カワイイですね」とか、ダジャレを連発した後に、「○○さんって、頭いいんですね」なんて、言われたことがあるのだ。「ダジャレ=オヤジ=ダサい」の連鎖に「カワイイ」もしくは、「頭がいい」イメージを滑り込ませることで生じる逆転現象。危うい作戦ではあるが、リスクをとることで「大人の魅力」を醸し出す、という高等戦術なのだ(笑)。笑ってくれたり、ほめてくれることを、自分への好意と勘違いする(僕だけかもしれないが)。それらは、男性に対する女性の反射的な態度でしかないのに。しかし、オヤジは間違いなく勘違いする。成功体験としてアーカイブされる。一方で、オヤジが何を成功体験と思おうが、どう勘違いしようが、そんなことはどうでもよくって、とにかく女性は「ダジャレが嫌い」なのである。

女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?つづく。

PS:「ダジャレ現実化プロジェクト」↓くだらなくって、好き。http://portal.nifty.com/special04/03/05/index.htm

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年4月14日 (土)

満員御礼

昨晩おこなわれた「フューチャーマーケティングサミットTOKYO2007」は、大盛況のうちに幕を閉じました。予想をはるかに超えた数の関係者が集まり、会場は熱気に溢れていました。お客さんの出足は早くて、6時20分過ぎには入場制限がおこなわれたため、せっかく来てくれたのに、入場できなかった方も多数おられるようです。大変申し訳ありませんでした。来年は、もう少し大きな会場でやろうと、スタッフの間で話しあいました。

「フューチャーマーケティングアワード2007」の表彰式では、審査委員長のマークダイサム氏から、各カテゴリーの優秀作品にトロフィーが手渡されました。中でも3つのカテゴリーで受賞した「NikeCosplay」のスタッフは、例のコスプレ姿で登壇し、会場を沸かせてくれました。

パネルディスカッションの第1部は、今年の審査員の方々による「フューチャーマーケティングアワード2007を語る」セッション、第2部は「これからの広告について語る」セッションでした。授賞式の後だし、お酒なども出ているので、静かに進行できるか心配だったのですが、会場はパネラーの発言を聞き逃すまいというムードに溢れ、おかげさまでいいディスカッションになったと思います。

ディスカッションの詳細は書きませんが、発言の全体的な方向性をキーワード化すれば、「クリエイティブは、仕掛けから思想へ」という感じだったのではないか、と思います。新しいテクノロジーが次々に出てきて、新しい仕掛けを考えたり、新しい関係性をつくるチャンスは、大きく広がっている。ただし、その仕掛けを追うことだけではダメで、その技術を通じて、どう人の心を動かしていくのか。人の心を動かすクリエイティブには、仕掛け以上に思想こそ重要である、と。立場や職種は違うものの、口々にそういったことを語っていたように思います。

パネラーの皆様、当日おいでくださった皆様、そして関係者の皆様、ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月12日 (木)

フューチャーマーケティングサミットの入場制限について

「フューチャーマーケティングサミットTokyo2007」は、おかげさまで、たくさんのお問い合わせをいただいております。当日はスペースの関係上、満員になりましたら、入場制限をさせていただきます。入場制限がおこなわれた場合は、インビテーションカードをお持ちのお客様のみの入場となります。その際は大変申し訳ありませんが、ご容赦いただけますよう、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

フューチャーマーケティングサミット東京2007

「フューチャーマーケティングサミット東京2007」に関して、皆様からたくさんのコメント、質問などをいただいておりますので、内容等を再掲したいと思います。参加に関しては、広告関係者なら、どなたでもOKです。参加申し込みなどは、基本的になし。途中入場、途中退場もOKです。ただし満員になりますと、入場制限をおこないますので、お早めに。入場無料。軽食、飲み物つき。4月13日(金曜)18時開始で、21時半ごろ終了予定。詳しくは、こちらまでhttp://www.fms-tokyo.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

紳さん当選おめでとう!!

横浜市議会議員選挙保土ヶ谷選挙区で、田中紳一さん(43)が当選した。ついこないだまで某通信会社の系列広告会社に勤めていて、いろいろと一緒に仕事をした人。去年いきなり退社し、「市議会選にでるんですよー」と言って本当に出馬し、本当に当選してしまった。いやー凄い凄い!!「紳さんが選挙?」去年その話を聞いたとき、正直言ってちょっとびっくりした。紳さんと選挙が、結びつきずらい感じがしたのだ。でも本人は、もう決めちゃっているし、僕らがどうこう言う問題でもないし。選挙期間中、一度も陣中見舞いに行けてなかったので、選挙最終日に保土ヶ谷に出かけた。たまたま保土ヶ谷の駅前に、中田市長が応援来ていて、演説をしている最中であった。その隣に、僕らの紳さんが立っていたのだが、その顔はいままで一緒に仕事していた頃の顔ではなく、ちゃんと立候補者の顔になっていた。すごいな、紳さんマジだなって、思った。必死に何かに向かっている人は、顔が変わる。これから紳さんは、もっともっと政治家の顔になっていくんだろうな。でも、その前にお祝い会をやりましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月 8日 (日)

クリエイティブが研修などに参加しない件について②

もちろん、クリエイティブに個性は大切です。でも、広告クリエイティブにおける個性とは、「出すもの」じゃなくて、「出るもの」だと思う。何かと似てて、「出そう、出そう」って思っても、なかなか出るもんじゃなくて、ブランドのこと一生懸命に考えていたら、結果として個性あふれるクリエイティブになったり。「自分の個性は何だろう?」と考え、拘泥しすぎると、逆にクリエイターとしての成長を、阻害するような気がします。個性にこだわり過ぎて、もがき苦しんでいる人いません?いや、もがき苦しむことは、その後の大成につながることもあるでしょうが、少なくとも、「クリエイティブって個性だから、他人の話を聞いても意味が無い」なんて考えずに、もっと人の話を聞きにいきましょうよ。気楽にシェアしときましょうよ。

昔は夜の飲み会で、有名クリエイターのご話を聞く、という機会がたくさんあった(っていうか、毎日開かれていた)。素敵な店で成功事例なんか話してくれて、若い人たちは有名クリエイターの雰囲気、考え方、視点、ロジックなんかを憧れの眼差しのなかで学習して、次の仕事で真似したりしたものです。でも最近は、みんな忙しくなったこと、お酒を飲まなくなったこと、有名クリエイターが独立したこと等で、その機会が激減した。まぁ時代が変わっちゃったのだけれど、そのかわりに、会社の研修とかで先輩の話を機会は増えているんだし。会社にいる意味のひとつは、そういった機会に参加できることでしょう。その権利を、みすみす捨てちゃうのは、もったいないと思うんだけど。

僕はクリエイティターにとって大切なのは、「視点」「技術」「モチベーション」の3つだと感じています。その中でも特に、「視点」が一番大切だと思う。昔は、「What to say」を得意先やマーケが考え、「How to say」を、制作が考える、という風に単純に切り分けられていた。商品の側に、明快な「What to say」があったし、生活者のことも見えていたし。僕らは「How to say」の技術者でよかった。でも今は、「What to say」にこそ(「ブランドのテーマ」と言ってもいい)、クリエイティブな視点が求められていて、「What to say」に、発見のない、結び合えない、インサイトを掴んでいない広告作っても、世の中では効かないってことなんですね。

で、何が言いたいかというと、こういった「視点を鍛える」ためには、他人の視点や考え方に触れるのが一番勉強になる、ということなんですね。「他人の視点を真似る」んじゃなくて、他人の「視点」の筋道をたどることで、自分の「視点を鍛える」手助けになる、ってこと。『ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』(ダニエル・ピンク著 大前研一訳)の中でも語られているように、世界じゅうの情報を誰でも手に入れられるようになった今、重要なのは、情報と情報を結びつけて新しい意味を見つけ出す力、文脈化する力、未来に対して想像力で新しい価値を生み出す力なのだ、と。ひとことで言えば「クリエイティブな視点」なんですね。今までとはちょっと質の違う、新しいクリエイティブの力が、強く求められているんですね。だからこそ、そういった視点を鍛えるための学習に、もうちょっと力をいれませう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年4月 2日 (月)

クリエイティブが研修などに参加しない件について①

ハワイ帰りの時差ボケで早起きしちゃったので、最近ぼんやり考えていたことをエントリーしときます。それは、いきなりですが、「何故クリエイティブのスタッフは、会社の研修などに出ないか?」についてです。

最近、会社の研修なんかの講師を頼まれたりすることがあるんだけれど、そういった会に出るクリエイティブの人間の、少ないこと少ないこと。アドフェストやカンヌの報告会みたいな、クリエイティブに直結してる会でも、来ているのは、クリエイティブ以外の人たち。で、なんでこの件をエントリーしようと思ったかと言うと、営業やマーケは来ているぞって話ならともかく、インタラクティブ系のクリエイティブの人たちは、ちゃんと来てるんですよね。同じクリエイティブなのに、トラディショナル系は来ない。インタラ系は来る。この差はなに?インタラ系の人たちは、自分たちでも結構マメに、カンファレンスやミーティング的なものを開いていて、情報や知識のシェアをしてる。つまり、彼らにとっては、そういった場に参加することが、仕事をしていく上で必要不可欠なことになっているんですね。でも、間違っちゃいけないのは、それは仕事の違いだけじゃなくて、意識の違いが大きいってこと。インタラの人たちは、他人の話を聞いてどんどん知識と情報を得れば、自分の仕事にプラスになる、という意識を持っている。前に「デジタルディバイド」って言葉があったけれど(デジタルに関心のある人とない人では、信じられないくらいの情報格差が生まれること)、今の状態のままだと、「研修ディバイド」が生まれるのではないか、と危惧するわけです。その差を生み出しているのが、「シェアする」という感覚ではないか。情報や知識を「シェア」することで、全体がぐんぐんレベルアップする。組織なんだから、全体がレベルアップするほうが、いいに決まっている。その点、トラディショナル系の人たちは、相も変わらず徒弟制度みたいなことになっていて、「一人前になるのには、10年かかるんじゃ!」「お前にだけは、門外不出のオレ流を教えよう!」と、何時代なんだと。

先に謝っとくと、僕も昔は出なかった…ので、みんなが何故出ないのか、理由はなんとなくわかります。理由の第1位「忙しくて、そんなもん出られません!」第2位「なんか、めんどうなんだよね」3位「なんか、ダサいんだよね」あたりでしょう。第1位はともかく、2位3位あたりの「なんとなく」のベースになっている気分は、「クリエイティブって個性だから、他人の話を聞いても意味が無い」ってことでしょう。でも、そうか?イマ時ホントそうか?クリエイティブって、個性なのか?

つづく。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007年4月 1日 (日)

ただいま帰りました

ハワイロケから、ただいま帰りました。10年ぶりぐらいのハワイでした。1週間ほど行ってきたのですが、やっぱハワイはよかったぁ。温かいのにさらっとしてる。気持ちが、ふわー(´ー`)y-~~っとします。東京の気候に慣れるまで、1週間ぐらいかかるかも。

不在中に「ロスのゴー」さんや「akiyoshi」さんから、コメントをいただいていました。ありがとうございます。みんな広告業界で活躍している人たちです。他の方たちも、僕のブログでなにか気づいたことがあれば、コメントをいれてくださいまし。お願いします。

ロケ中、珍しく時間があったので、本を3冊ほど読めました。渡邊淳一氏の『鈍感力 』、山本直人氏の『20代会社員の疑問―いま、働くこと』金文学氏の『島国根性大陸根性半島根性』です。本のコメントはまた今度。

今日は4月1日ですね。新年度が始まりました。うちの会社の制作セクションも、今日から新体制で動き始めます。制作も古い体質から脱皮して、新しい意識でクリエイティブに取り組んでいかねばなりません。時代はどんどん変わっていきます。変化をしっかりウォッチしながら、だけど焦らず騒がず、少しでもココロ動くものを作っていきましょう。

それと、4月13日(金)におこなわれる、「フューチャーマケティングサミット東京2007」は、入場無料!どなたでもご参加できますので、皆様、お誘いあわせの上おこし下さい。「David coperfield」さん、予約は不要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »