« 満員御礼 | トップページ | 『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』 »

2007年4月15日 (日)

女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?その1

「女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?」最近うちのチームで、打ち合わせのたびに出る話題である。そもそも、何故そんな話をしているかというと、先日、僕は20歳前後のモデルたちを連れて、海外ロケに行ってきた。もちろん、20歳前後のモデルたちと共通の話題などなく、キャピキャピ(?)盛り上がる彼女たちを横目で見ながら、オヤジCD(僕)、オヤジ営業、オヤジプロデューサーのオヤジ3人衆が、なんとか存在感を示そうと繰り出したのが「ダジャレ」であった。会社等での立場もあるので詳しくは書かないが、彼女たちとコミュニケーションするのに、ダジャレ以外の方法が考えつかなかった自分が悲しい。オヤジ3人衆は、海外だし、失うものは無い、という条件下で、ダジャレを連発した。「おもしろーい」などと言ってもらい、調子に乗ったオヤジたちは、「じゃぁ、こうゆうのは?」「おもしろーい!」「むふふ…」オヤジ3人衆は、20歳の娘たちとコミュニケーションが取れた充実感に、その夜「佐藤の黒」で乾杯したのだった。

帰国して、女性スタッフにその話を嬉々としてしたところ、「そんなの、全然コミュニケーションとれてませんよ」と、吐き捨てるように言われた。「だって女は、ダジャレが嫌いですもん」「えっ、そうなの?だって、君もダジャレで笑うことあるでしょ?面白いダジャレってあるでしょ?」「あるけど、それは不意をつかれたり、あきれて笑うことのほうが多いです。基本的にダジャレは嫌いですね」えーっ?!はやく言ってよー!女性はダジャレそのものが嫌いだったの?!「そういえば、女性でダジャレを言う人って少なくないすか。」若い男のプランナーが、今っぽいイントネーションでそう言った。確かにダジャレを言う女性を、僕も知らない。「そういえば、そうだね」ということで、一同騒然となったのだ(ちょっと大げさだけど)。男は言い、女は言わないダジャレ。男性でも「絶対言わない」って人もいるから、けっこう個人差があるのだけれど、女性の場合は、ほぼ誰もダジャレを言わない。しかも聞くのも嫌いであることは、かなりの確率で言えそうだ。

そもそもオヤジ達も、ダジャレが女性に全面的に支持されているなどとは、思っていない。ダジャレがカッコいいものだなんて全く思っていないし、「ダジャレ=オヤジ=ダサい」という強固なイメージ連鎖のなかで繰り出す以上、相当の覚悟と、「分かってて言う」ことの意味を、計算しながら使っている(本当か!?)。ダジャレオヤジたちは、ダジャレがウケなかった時、「○○さんって、カワイイですね」とか、ダジャレを連発した後に、「○○さんって、頭いいんですね」なんて、言われたことがあるのだ。「ダジャレ=オヤジ=ダサい」の連鎖に「カワイイ」もしくは、「頭がいい」イメージを滑り込ませることで生じる逆転現象。危うい作戦ではあるが、リスクをとることで「大人の魅力」を醸し出す、という高等戦術なのだ(笑)。笑ってくれたり、ほめてくれることを、自分への好意と勘違いする(僕だけかもしれないが)。それらは、男性に対する女性の反射的な態度でしかないのに。しかし、オヤジは間違いなく勘違いする。成功体験としてアーカイブされる。一方で、オヤジが何を成功体験と思おうが、どう勘違いしようが、そんなことはどうでもよくって、とにかく女性は「ダジャレが嫌い」なのである。

女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?つづく。

PS:「ダジャレ現実化プロジェクト」↓くだらなくって、好き。http://portal.nifty.com/special04/03/05/index.htm

|

« 満員御礼 | トップページ | 『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』 »

コメント

なるほど。僕も24ですが、言います。しかも、けっこう。
今は、若いのにオヤジギャグっていう組み合わせで笑いをとっていますが、いつかはダメになってしまうんですね(笑)
女性はダジャレ嫌いとのことですが、ダジャレを言う相手って女性の場合が多くないですか?男→男よりも男→女の方が圧倒的に多い気が…
完全にターゲットを外しちゃってるになぜでしょうね(笑)

投稿: ミライ | 2007年4月19日 (木) 午後 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性は何故、ダジャレが嫌いなのか?その1:

» 【おやじ度】 判定 [のこぶろぐ]
あなたのおやじ度判定!!『おばさん度』『ギャル度』『おたく度』なども同時に測定します。『精神年齢』をチェック... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 午後 03時12分

« 満員御礼 | トップページ | 『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』 »