« ご紹介です | トップページ | 『YouTube革命』 »

2007年6月 3日 (日)

「クリエイティブ視点からウェブサイトをとらえる」

先日、日本広告主協会主催のクリエイティブセミナーが開かれた。今年のテーマは、「クリエイティブ視点からウェブサイトをとらえる」。まさに、「聞きたい」と思わせるテーマで、予想通り会場は満席だった。まず最初に、電通の杉山恒太郎さんが基調講演をおこなった。杉山さんは10年前、インターネットをやってみて、と会社から言い渡されて、椅子から落ちそうになるぐらいびっくりした、という話を披露。プレゼンの末席に参加し、肩身が狭かった当時に比べて、今ではプレゼンの席順も、CMの隣に陣取るようになった、隔世の感がある、と感慨深そうに語ってらっしゃった。昨年の『TIME』誌で発表されたマンオブザイヤーが、「you」だったことに触れ、ブログやSNSに代表されるCGM、動画投稿サイトの爆発的ヒット、CMの企画すら一般消費者によって作られる時代、広告の未来はどうなっていくのか?と、第2部で登場するパネラーの人たちに、「我々は、広告の主役を消費者に渡せるか?」という問いかけをおこなった。

第2部は、電通の大岩直人さん、ドリルの原野守弘さん、GTincの伊藤直樹さんが登場。伊藤さんが、Nikecosplay、BIGSHADOWキャンペーンを紹介。原野さんは、rikaちゃん、サムスンのキャンペーンを紹介。大岩さんが、立教大学などのキャンペーンを紹介してくれた。それぞれに面白い仕掛けがあり、新しいテクノロジーも入っていたり、優れたキャンペーンであった。後半、各人が今注目する世界のキャンペーンを紹介してくれた。たとえば、nike+のキャンペーンでは、広告キャンペーンとして優れているというより、ブランドサイトのアプリケーション自体が非常にクリエイティブである、とか、クリスピンポーター&ボガスキーにいたスタッフが、バーバリアン・グループという会社をつくって、面白いバイラルクリップをつくって話題になっている、とか、いろいろとためになるお話が聞けました。

|

« ご紹介です | トップページ | 『YouTube革命』 »

コメント

あ!見逃してしまいました!ショックであります!

投稿: 8.0 | 2007年6月 4日 (月) 午後 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クリエイティブ視点からウェブサイトをとらえる」:

» 今朝の新聞 6/ 4 [にっかんせきぐち]
おはようございます。表参道に行きつけの歯医者さんのあるという点でゴージャスさをアピールするマーケティングプランナー・せきぐちです。では、今朝の新聞です。===================================================================●テレビ・携帯双方向で広告、TBS・電通が新手法... [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 午前 10時44分

« ご紹介です | トップページ | 『YouTube革命』 »