« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月15日 (日)

『クライマーズ・ハイ』

『クライマーズ・ハイ』横山秀夫著 文春文庫

すばらしい小説です。2004年の本屋さん大賞の2位、著者の横山氏が、直木賞と決別宣言をしていなければ、その年の直木賞の最有力候補だったと言われている作品です。1985年に起きた日航機墜落事故と、同僚や部下の事故、地方新聞社の社内抗争、自分の生い立ちや家庭問題など様々な出来事が、40歳になるデスクの目を通じて描かれます。NHKでドラマ化されたり、もはや名作と呼ばれる本なので、内容に関しては書きませんが、ちょっと別の視点でひとこと。僕はちょうど、日航機事故のあった1985年に今の会社に入ったので、その当時の空気をリアルに覚えているのですが、この本の中に度々出てくる「デスクと局長が胸ぐらを掴みあう」みたいなシーンが、僕が入った会社の中にもたくさんあったように思います。もちろん、この小説の舞台となっている新聞社と、広告会社では熱さの質が違うのですが、会社を含んだ社会全体に、ある種の「熱」があった(残っていた)ことだけは確かです。それは、人や組織や社会が、まだまだ「幼稚」で、「バカ」だったせいかもしれません。世の中がどう変化していくのかわからない中で、個人個人は自分なりの方法で、仕事というものに向かい合っていた。だから、いろいろな場所で軋轢が生まれ、「胸ぐらをつかむ」状況が発生した。この後バブル、長い不況、成果主義、ITバブル…日本社会も個人も、こういったいろいろを経験しながら、「賢く」成長していった。しかし、大人になる過程で、失ったものも多いのではないか。「幼稚」や「バカ」が全面的にいい、というわけではないが、仕事も高度に分業化され、責任や役割がシステム化される中で、『クライマーズ・ハイ』で描かれているような、こういった「熱」に出会うことがないとすれば、それは悲しいことのように思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

『ハイ・コンセプト』(再読)

『ハイ・コンセプト』ダニエルピンク著 大前研一訳 三笠書房

ちょうど一年前(2006年7月16日)に、この本を読んだ感想を書いています。僕のブログは、広告会社や広告クリエイティブについて、若干ネガっぽい記事が多いわけですが、『ハイコンセプト』で書かれていたのは、例えば広告会社にいるような、「新しいことを考える人の時代」だ、ということで、昨年のこの日ばかりは、やや楽観的なコメントを書いています。じゃあ一年たって、本当に広告会社は「新しいことを考える人」だらけになっているかというと、それほどまでじゃない。広告会社の未来について、やや危機感をもって捉える人が増えたかな、という程度。能力の高い、クリエイティブな発想を持つ人たちが多くいる会社なのに、その才能をどこへ向ければいいのか、まだまだはっきりしていない感じです。「デザイン力」「物語創造力」「調和力」「共感力」「遊び心」「生きがい」ダニエルピンクが提示する、「未来に向けて必要な力」は6つ。そのどれもが、全く反論の余地のないものだし、しかも、ウチの社員たちはそういった力を少なからず持っているわけで、あとは、どう具体的なカタチにしていくか、ですかね。

うちのチーム員は全員必読。前半「左脳」と「右脳」のお話が続きますが、めげずに読み進みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 8日 (日)

「Evolution」

カンヌ広告祭が終わって、2週間あまりがたった。あちこちで報告会が開かれて、今年のカンヌについて語られている。フィルム部門のグランプリは、「Doveリアルビューティ」シリーズから、「Evolution」が選ばれた。

地上波では1回しか流れなくて、ほとんどがYoutubeでの露出だったらしい。女性の顔が、メイクやら編集やらCGやらで変わっていって、最後は絶世の美女になる、というもの。フィルムの最後に、「リアルビューティについて、一緒に話し合いましょう」みたいなメッセージがでる。素人さんの下着姿を出したり、「リアルビューティ」について語ってきたDoveが、マイナーアプローチ(広告そのものの否定)した形で、カンヌのグランプリに輝いたわけだ。会場では結構ブーイングも出たらしい。じゃあ、対抗する作品があったのかというと、これを凌ぐ作品は見当たらなくて、「該当作品なし」か「Evolution」か、という状況だったらしい。去年の「BRAVIA」もそうだったけれど、素晴らしいパロディ作品が出来上がっていて↓口の悪い連中は、「出来自体はこちらの方がよいのでは」などと言っています。

今年も、日本からはたくさんの参加者が来ており、カンヌはお台場のような状況だった。しかも、最近の傾向として、クリエイティブの人間が少なくて、メディアやプロモーションやストプラの人間の参加が目立っていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

広告クリエイティブのスタッフィング

広告制作のスタッフは、職種がタッチポイントごとに分かれていて、CMプランナー、コピーライター、デザイナー、Webプランナー、コンテンツ系プランナー、ストア、イベント、パブリシティなど、多岐にわたっている。しかも、Webと一口に言っても、プロデューサータイプやデザイナータイプに別れていたり、コンテンツ系も局担当かオールメディアかによっても違うし、まぁ全体的に分かりづらいことになっている。仕事が発生すると、オリエンに沿ってスタッフを集めるのだが、プランを進めていくうちに、あっち系のスタッフが必要だとか、こっち系のスタッフはいらないかも、みたいな話になることが多い。要は最近、プランニングの当初にタッチポイントが決まっていない、つまりメディアニュートラルな状態でプランニングが進むせいである。まぁ、戦略プランナーとCDと営業ぐらいで、全体の戦略を作ってしまって、その後各タッチポイントのプランナーを呼べば問題はないのだけれど、多くの仕事は時間的な余裕がなくて、戦略と戦術が同時に進んでしまう。しかも最近は、Webのプランナーでもイベントの企画を考えるし、CMプランナーがWebを考える、ストラテジックプランナーがCM企画を、メディア系がグラフィックを……みたいな、プランニングのクロスオーバーが増えてきた。まさに、プランニング戦国時代凸凸なんである。ある意味、自分が想像していたものが、カタチになってきたのかもーなんですが、一方で、得意先やプロダクションとの関係まで含めた、プランニングのフローやワークスタイルを、一から見直す時期が来ているのかもしれない、とも思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月 4日 (水)

ビジネスのココロとカタチ

『ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する』島田紳助 幻冬舎新書

紳助ってすごい。『行列のできる法律相談所』の突っ込みなんて、もはや神業だぁ、と思っていたら、彼はビジネスの世界でもすごいらしい。25歳でサイドビジネスをはじめてから、一度も失敗をしたことがないという。アイディアあふれる飲食店を何十店舗も経営し、すべて成功させているのだ。コツは?と聞かれ、「漫才のネタを考えたり、番組を作ったりするときと発想は変わらない。いかにして人を楽しませるか、どうすれば人が喜ぶかを、いつも自然に考えている」と。ビジネスをすることの、ココロの部分に言及した好書。

『「へんな会社」のつくり方』近藤淳也 翔泳社

「はてな」は、「へんな」会社である。オフィスも、会議も、発想法も、通勤も、ボーナスも、人材募集も…ちょっと「へんな」会社。「50%の完成度で、サービスをリリースし」、「ユーザーと一緒にサービスを開発する」ちょっと「へんな」会社。でもそれは、(何かを変えよう)と試行錯誤しているから、「へんな」会社に見えるだけで、(何かを変えよう)としない「普通の会社」よりは、ずっといい。「変な会社」は困るけど、「へんな会社」は好きになれる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

7月ですね

今日から7月ですね。早いもので一年の半分が過ぎてしまいました。3週間以上、ブログの更新をしていなかったので、よく「カンヌ行かれてたんですか?」と聞かれるのですが、今年は行かなかったです。来年は、ユーロ2008が開かれるので、それとあわせてカンヌ行きたいなぁ(笑)、と思っています。

昨晩、イタリア料理を作りました。DancyuのHPに、「レシピ大全」というコーナーがあって、イタリアンをはじめ、フレンチ、和食、韓国、エスニックなどのレシピが載っている。どのメニューも、実際の有名店のレシピなのが特徴。昨日は、その中から、「アロマフレスカ」の原田シェフのレシピを選び、3品作ってみました。ご存知のように、「アロマフレスカ」は昔広尾にあって、その繊細な料理と都会的なムードで、大変に人気があったお店。原田シェフは今、東麻布で「カーサ・ヴィーニタリア」というお店をやっていますが、昔の料理を食べたいという声が多く、「カーサ・ヴィーニタリア」の中に、「アロマフレスカ」のコーナーがある。昨晩つくった3品は、まさにその「アロマフレスカ」時代のもの。「カポナータの温泉卵添え」「シェイクトマトの冷たいカッペリーニ」「スペアリブの柔らかロースト」自分で言うのもなんですが、まさに絶品……でした。自分史上最高の出来!かもしれない。食べているうちに、本物のお店に行きたくなりました。

そして今週末も、長風呂して2冊。

『2ちゃんねるは、なぜ潰れないのか?』ひろゆき氏著 扶桑社新書 

『ウェブ進化論』の梅田氏が、ネットの未来を超楽観的に語る人だとすれば、ひろゆき氏は、「ネットの発展なんてだいたい終わっちゃったです」と、ネットの未来に対して超批判的な立場。帯文に「これ以上、インターネットは社会を変えない」と(笑)。2ちゃんねる用語に、「ネガる」という言葉がありますが、まさにネットの未来に対して「ネガ」りまくっています。「グーグル」「ミクシ」「はてな」「セカンドライフ」など、今もてはやされているコトに対して、気持ちいいぐらい、バッサリやっています。結構ビジネスモデル的な視点で語っている部分が多く、勉強になりますね。

『ビタミンF』重松清著 新潮文庫

『ナイフ』や『エイジ』の著者の直木賞受賞作。いいですね。たまには、こういった本も。風呂の中で読んで、泣いちゃいました。「30代後半から40代半ばにかけての、子供が中学や高校生になったあたり(まさにウチだ!)の、お父さん視点で家族を描いた短編集です。この作品が書かれたのがちょうど2000年で、その当時と今とでは状況がさらに違ってきていて、この本の場合、どの短編も救いのある結末で終わるのですが、今ではそういった結末がきれいごとに思えるほど、親子関係や家族関係が悪化しているのでは、と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »