« ビジネスのココロとカタチ | トップページ | 「Evolution」 »

2007年7月 6日 (金)

広告クリエイティブのスタッフィング

広告制作のスタッフは、職種がタッチポイントごとに分かれていて、CMプランナー、コピーライター、デザイナー、Webプランナー、コンテンツ系プランナー、ストア、イベント、パブリシティなど、多岐にわたっている。しかも、Webと一口に言っても、プロデューサータイプやデザイナータイプに別れていたり、コンテンツ系も局担当かオールメディアかによっても違うし、まぁ全体的に分かりづらいことになっている。仕事が発生すると、オリエンに沿ってスタッフを集めるのだが、プランを進めていくうちに、あっち系のスタッフが必要だとか、こっち系のスタッフはいらないかも、みたいな話になることが多い。要は最近、プランニングの当初にタッチポイントが決まっていない、つまりメディアニュートラルな状態でプランニングが進むせいである。まぁ、戦略プランナーとCDと営業ぐらいで、全体の戦略を作ってしまって、その後各タッチポイントのプランナーを呼べば問題はないのだけれど、多くの仕事は時間的な余裕がなくて、戦略と戦術が同時に進んでしまう。しかも最近は、Webのプランナーでもイベントの企画を考えるし、CMプランナーがWebを考える、ストラテジックプランナーがCM企画を、メディア系がグラフィックを……みたいな、プランニングのクロスオーバーが増えてきた。まさに、プランニング戦国時代凸凸なんである。ある意味、自分が想像していたものが、カタチになってきたのかもーなんですが、一方で、得意先やプロダクションとの関係まで含めた、プランニングのフローやワークスタイルを、一から見直す時期が来ているのかもしれない、とも思う。

|

« ビジネスのココロとカタチ | トップページ | 「Evolution」 »

コメント

はじめまして
ネット系の広告代理店で働いている男です。

内容がネット広告の現場と似ているのでついついタイピングしている最中です。

私が所属する部だけかもしれませんが、コピーもメディアバイイングも営業も一人(営業は同行ですが)が全てやる状況でクロスオーバーというかそれが当たり前という日常生活です。

辛いような楽しいようなと不思議な感覚です。

CMなんかは扱わないので通常の広告代理店とは違うかもしれませんが、クロスメディアするこの状況下では、全てがこの流れになっていくような気になる今日この頃です。

結論が出ないような取り止めのない文章になりましたが、これからも楽しみに拝見させていただきます。

ではこれにて失礼させていただきます

投稿: qpwmix | 2007年7月24日 (火) 午後 09時42分

はじめまして。
コピーライター(になりたい)の
代理店営業2年目男です。

つい最近、記事のようなことと同じ状況が発生しまして、共感しましたのでマウスをとりました。
もう終わったプレゼンなんですが、(結果は聞かないでください)情報収集と戦略と戦術の立案の同時進行で、営業チームはスタッフをまとめるのだけでてんやわんやでした。
iメディアチームのスタッフィングもあっちの人へ頼んだり、こっちの人に頼んだり。
ストプラの経営、広告戦略と営業としての対客先戦略とクリエイティブの提示するコンセプトの「つじつまあわせ」みたいな事をする内に、除々に本質に近ずいているような遠ざかっているような・・。
自分はまだまだペーペーですが、上司や先輩達が、現状にとまどいながら楽しみながら提案作業をしていることはよく伝わってきました。

これからも、楽しく読ませていただきます。
突然のコメント、失礼しました。

投稿: door13 | 2007年7月 9日 (月) 午前 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告クリエイティブのスタッフィング:

» 最近はコピーライティングをがんばっております。 [にっかんせきぐち]
最近はコピーライティングをがんばっております。え?マーケティングプランナーじゃなかったっけ、ですって?そうですよ。それでも、コピーライティングもするわけです。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 午前 08時51分

« ビジネスのココロとカタチ | トップページ | 「Evolution」 »