« 日本対スイス | トップページ | 『働きマン』 »

2007年9月27日 (木)

親子関係のイノベーション

最近カラオケ行ったりすると、僕の歌う曲がレミオロメンだったり、BUMP OF CHIKENだったりRADWIMPSだったりして、一緒に行く人たちに「新しいっすね」と驚かれる。新しい曲を知ってるってことを、アピールしたい下心もあるんだけれど(笑)、何で知っているかというと、うちの子供とi-TUNEが共有だからなんですね。うちは長男がもう高校2年生で、一応ロックバンドなんか組んでて、文化祭なんかで演奏したりするんですが、この長男がロック系の曲をi-TUNEにポンポン入れてる。本来、スピッツなんかを聞くために持ち歩いている僕のiーPODなんですが(笑)、何げなくRADWIMPSが流れたりして、知らないうちに覚えているわけです。「いいね、RADWIMPS」なんて言うと、長男が「いいでしょ」なんてあたりから親子の会話が始まって、結構ロックの深い話をしてたりする。

子供がそういう年齢になって、親子で同じ曲を聴くということは、テープやMDなんかのパッケージメディアの時からあったと思うんだけれど、自分用に録音したりメディアを持ち歩いたりってのは、意外とハードルが高くって、「聞こう」という割と強い意思がなければできない。「家の中で一緒に聞く」ということも、クラシックファン以外は(笑)、現実的にはそうあるもんじゃないし。車の中で一緒に聞く場合もあるだろうけれど、高校生ぐらいになると、親と行動することを嫌がるし。そう考えると、i-TUNEのように、「勝手に入っちゃう→聞けちゃう」ことって、イノベーティブなことだなって思うわけです。i-TUNEのイノベーションって、いろいろなことがあるけれど、ひとつのi-TUNEを共有することで、親子関係すらイノベーションしてるなんて、やっぱり凄いなぁと。

そういえば、長女(中1)も最近自分でi-TUNEに好きな曲を入れるようになってきて、大塚愛やらチャットモンチーやらいきものがかりやらが増えている。僕のカラオケのレパートリーに、これからはそっち系の曲が増えるかも。

|

« 日本対スイス | トップページ | 『働きマン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子関係のイノベーション:

» スピッツ - さざなみCD [こんな音楽発見!]
結成20周年を迎えるスピッツの2年9ヶ月ぶりとなる通算12作目のオリジナル・アルバム。「魔法のコトバ」「ルキンフォー」「群青」のシングル3曲を含む全13曲を収録。 [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 午前 10時55分

« 日本対スイス | トップページ | 『働きマン』 »