« アイディアの生み方、売り方 | トップページ | 親子関係のイノベーション »

2007年9月25日 (火)

日本対スイス

遅らばせながら、こないだのオシムジャパンヨーロッパ遠征の目玉、スイス戦を観ました。ははは、遅すぎですね。4-3の逆転勝ち!素晴らしい!!日本サッカー界は、大喜びムードですかね。スポーツ新聞に、前半と後半が別のチームのようだった、というオシム監督のコメントが載っていましたが、まぁ、前半は強豪相手に動きが硬かったことと、スイスが前半ガンガン来たせいですよね(おかげで後半足が止まった)。

試合観て感じたのは、稲本、俊輔、松井のヨーロッパ組がよかったこと。ヨーロッパ開催で移動がなく、体調がいいというだけじゃなく、キモチの強さを感じました。スイスのような屈強なチームに対戦すると、体力差だけでキモチが萎えるケースがよくあるけれど、彼らにはそれがなかった。このメンバーに、高原とイタリア行ってる若い森本を加えると、センターラインはほぼ出来上がりますね。ジーコの残した最大の遺産は、このヨーロッパ組かもしれない。

|

« アイディアの生み方、売り方 | トップページ | 親子関係のイノベーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本対スイス:

« アイディアの生み方、売り方 | トップページ | 親子関係のイノベーション »