« 『センセイの鞄』『人は思い出にのみ嫉妬する』 | トップページ | 『かもめ食堂』『めがね』 »

2008年2月 3日 (日)

『四畳半神話体系』『ホルモー六景』

『四畳半神話体系』森見登美彦著 太田出版

ちょっとした決断によって、人生は大きく左右される、か?否。どんな決断をしようが、案外と、同じような人生を送るんじゃないの(笑)、というお話。(以下、ネタバレ注意→)多くは語りませんが、第3章まで読んで、「なんだまた同じかよ」と思い、「もういいよ」と第4章を諦めることで、多くの読者が大きな後悔をしていることでしょう。騙されたと思って最後まで読むと、意外にコクのあるお話に遭遇できます。森美登美彦氏が繰り出す「小技」のファンとして、この本かなり好きです。 

森見登美彦氏はブログまで面白い。客観的な立場で、「森美氏はこう言った。こう感じている。」などと記述しているが、本人であることは明白(笑)。http://d.hatena.ne.jp/Tomio/

『ホルモー六景』万城目学著 角川書店

万城目(まきめ)学氏のヒット小説『鴨川ホルモー』のスピンオフストーリー。何百年も伝わる「ホルモー」という謎の行事をめぐる、荒唐無稽なお話なんだけれど、よくできたラブストーリーだったりもして、僕は単純に楽しめました。(以下、ネタバレ注意→)5話目かな。本能寺の変に遭遇する若い武士と、イケてない女学生との時空を超えたラブストーリーには、ちょっと泣けましたし。玉木宏主演のテレビドラマ『鹿男あおによし』も、万城目氏の作品(直木賞候補になったっけ?)ですね。

2作品とも、京都を舞台にした大学生のお話です。どちらもファンタジー小説と呼ばれる、実際には有り得ない、ある種「アホらしい」お話。でも、京都を舞台にすることで、この「アホらしい」お話も、なにか深みのある、重みがある小説に感じられるから不思議です。「大量の黒い蛾の大群が、糺の森(ただすのもり)あたりから飛来する」から、深い話になるのであって、「代々木上原あたりから飛来した」りすると、ちょっとおしゃれになっちゃったり(笑)、蛾の色もシロかったり(わぁ、キレイ)。

こたつで日本酒などをやりつつ、(笑)つつ、ページをめくりつつ、「アホらし」とつぶやく幸せ。外は雪だし。

|

« 『センセイの鞄』『人は思い出にのみ嫉妬する』 | トップページ | 『かもめ食堂』『めがね』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25499/9996393

この記事へのトラックバック一覧です: 『四畳半神話体系』『ホルモー六景』:

« 『センセイの鞄』『人は思い出にのみ嫉妬する』 | トップページ | 『かもめ食堂』『めがね』 »