« 『男は3語であやつれる』『女は3語であやつれない』 | トップページ | 『不機嫌な職場』『ひらがな思考術』 »

2008年4月28日 (月)

『とける、とろける』『そのノブは心の扉』

『とける、とろける』唯川恵 新潮社

直木賞受賞作『肩ごしの恋人』の著者が、初めて挑戦したエロティックストーリー。新聞広告に著者自身の言葉で「読まれるのが恥ずかしい小説」と書かれていたことで、思わず買ってしまった(笑)。どの短編も、男と女のドロドロした情念の世界が展開され、エロティックというよりもむしろ、「怖い」です。

『そのノブは心の扉』劇団ひとり 文藝春秋

ある意味こちらも、「読まれるのが恥ずかしい」本です(笑)。劇団ひとりが、自分の「自意識過剰な生活」を振り返り、「情けない自分」をさらけ出しています。誰しも多かれ少なかれ、似たような「情けなさ」を抱えながら生きている。でも劇団ひとりに比較すると、自分の「情けなさ」は大したことがないように思えて、また明日から勇気を持って生きていける、そんな気がします(笑)。

|

« 『男は3語であやつれる』『女は3語であやつれない』 | トップページ | 『不機嫌な職場』『ひらがな思考術』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25499/20620488

この記事へのトラックバック一覧です: 『とける、とろける』『そのノブは心の扉』:

« 『男は3語であやつれる』『女は3語であやつれない』 | トップページ | 『不機嫌な職場』『ひらがな思考術』 »